お知らせ

ミヤイチnews

3年次PTA研修会開催

令和4年11月21日(月),3年次PTA研修会が開催されました。

年次主任による現在の状況等の挨拶のあと,進路指導部長による「2023年度大学入試動向及び併願校の検討について」との内容で講話が行われました。今年度入試についての様々な具体や日程確認のほか,受験生として今後の過ごし方についてアドバイスがありました。

参加された保護者の方は,メモを取るなど,熱心に聞き入っていました。

2年次総合的な探究の時間 中間発表会

令和4年11月8日,2年次総合的な探究の時間の中間発表会を行いました。7月からグループごとに課題を設定し,研究してきた成果を11の分野に分かれて発表しました。グループごと4分の発表後,3分の質疑応答,3分の指導者助言というタイムスケジュールでの発表でした。指導者助言では,それぞれの分野に大学の専門家の先生に入っていただき,研究へのご指導や関連する話題の提供をいただきました。

本日のご指導のもと,1月の年次発表会に向けて,研究を深めていきます。

 

ミヤイチ教師力向上研修Ⅱ(公開授業及び講演会)

令和4年11月4日(金),ミヤイチ教師力向上研修Ⅱを行いました。

県立唯一の探究科,国際探究科・理数探究科を擁する本校は,120年余の歴史を持ち,地域から進学校として地域的リーダーの養成が期待されております。今年度の本校の学校経営重点目標は,①より探究的な活動を取り入れるなど一層の充実を図ること,②新学習指導要領に則り,生徒の学力向上に向けて,授業改善,教材研究等を積極的に推進することです。生徒の学力向上を第一の目標とした上で,①・②について先進的な研究,指導されている先生として國學院大學教授 田村学先生,産業能率大学教授 藤岡慎二先生をお招きし,授業見学による助言や講話をいただくとともに,講話に先んじて校内の先生方6名による公開授業も実施されました。当日は講師を含めて県内外から約80名の教育関係者が参集し,本校教職員とともに新たな知見を得る良い機会となりました。

 

・國學院大學教授 田村 学 先生による講演

「 主体的・対話的で深い学びと探究 ~資質・能力の育成とカリキュラム・マネジメント~ 」

 

・公開授業

国 語(言語文化),数 学(数学Ⅰ),地 公(地理総合),英 語(英語コミュニケーションⅠ)

理 科(生物基礎),探 究(探究基礎)

1年次 総合探究・探究基礎 Project発表会

令和4年11月2日に,1年次総合的な探究の時間および探究基礎のProject発表会が行われました。

地域課題に対して具体的にどのようなアクションを起こすか,課題に対する自分のProjectをiPadを利用した短いプレゼンテーションにまとめ,ワールドカフェスタイルで意見交換を行いました。

課題ごと10の分野に分かれて行いましたが,それぞれの分野に大学教授など専門家の10名の先生方に入っていただき,Projectへのご指導や関連する話題の提供をいただきました。

本日のご指導のもと,2月の年次発表会に向けて探究を深めていきます。

令和4年度「学校評価」実施について

令和4年11月7日(月)より保護者による「学校評価」を実施いたします。

 

詳細は生徒を通じて資料を配付いたしますので,ご確認下さい。

令和4年11月7日(月)Classiにて配信予定の「学校評価に関する調査(保護者用)」の入力上の注意に従い,御回答ください。

 

また,紙面での回答をご希望の場合は,生徒を通じてマークシートの配付を担任にお申し出下さい。

回答の締め切りは11月11日(金)となっております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Epping Boys High School(オーストラリア)生徒とのオンライン交流会を始めました!

令和4年10月18日(火),10月25日(火)に探究科生徒が,シドニーにあるEpping Boys High School(以下EBHS)の生徒とオンラインを利用して交流しました。1回目は,本校生徒が英語で宮城県や仙台市,宮城第一高校について発表し,相手校の生徒からたくさんの質問がありました。2回目は,相手校の生徒が日本語でシドニーやEBHSについて発表をしました。発表後,本校生徒から「なぜ日本語を勉強しているのですか」という質問があり,相手校の生徒から「アニメが好きだから,特に『鬼滅の刃』が好きです。」という返事が返ってきました。日本のアニメは海外でも大人気です。お互いの地域や学校を知る良い機会になりました。今後はグループでの交流をする予定です。

 

1年次 探究科 理数生物 地域フィールドワーク秋

令和4年10月27日(木)の午後,本年度3回目となる1年次探究科の理数生物フィールドワークが行われました。地域の自然や文化を通して探究課題を探すとともに,教科横断的な見方・考え方を養うことをねらいとしています。

生物分野では,今回も広瀬川の水質調査のために,水生昆虫の採集,水質調査パックテスト試薬を用い化学的酸素要求量(COD:Chemical Oxygen Demand)の値を計測しました。晴天の暖かい気候もあってか,思った以上に水生昆虫が多く,生徒の歓声があがりました。また,草木の様子に季節の移り変わりを感じながら,動物散布型の種子でダーツ遊びもしました。

さらに今回,地学分野として広瀬川の岩石を観察しました。1つ1つの見え方の違いから,その成り立ちについて考え,地球の営みを肌で感じることができました。

コロナ禍でも笑顔で明るくなれるような花を育てよう

令和4年10月25日(火)放課後,園芸委員会による花苗植えが行われました。

園芸委員会の後期目標は「コロナ禍でも笑顔で明るくなれるような花を育てよう」です。

中庭のプランターの土をしっかりと耕してから肥料を入れ,花々を綺麗に植え替えました。

後期学校公開が行われました。

 

令和4年10月7日~12日,後期学校公開が行われ,およそ200名の中学生や保護者の方が来校されました。8日の土曜日には,先日行われた学校説明会の動画上映会も行われました。

アンケートの回答では,「プレハブなのに校舎がキレイ」「先生方が優しく,雰囲気がとても良い」「協働授業で活発に意見交換されている」「休み時間の移動中,とても丁寧に挨拶いただいた」「教室に入るたび,何の授業なのか,どんな授業のやり方なのかを説明して下さって有り難かった」「楽しそう,生き生きしている」「タブレットの活用度が高い」「美術部の展示が素晴らしい」などいただきました。ありがとうございました。

公開研修会 ミヤイチ教師力向上研修Ⅱ の御案内

宮城県立高校初の国際探究科・理数探究科を開科した本校では,生徒の学力向上と新学習指導要領の確実な実施に向けて,教材研究・授業改善の推進と,授業研究について研修を重ねております。探究力を育てる授業づくりとICT教育の推進及び授業改善の取組の成果を取り入れた,公開授業研修会を実施いたします。

また今回は,『深い学び』や『高校生のための「探究」学習図鑑』の著者であり,探究学習に取り組む指導者へのセミナー等で御活躍の,國學院大學教授 田村 学 氏による講演会を開催いたします。

つきましては,貴下教職員の皆様へ周知いただきますとともに,御参加につきまして御配慮賜りますようお願い申し上げます。学外の教職員関係者の方も参加可能ですので,下記アドレスまたはQRコードから申し込み下さい。

 

1 研修名 宮城県宮城第一高等学校 「ミヤイチ教師力向上研修Ⅱ」

 講 演  講師 國學院大學 人間開発学部 教授 田村 学 氏

 演 題 「主体的・対話的で深い学びと探究~資質・能力の育成とカリキュラム・マネジメント~」

2 授業者

 国 語 都築 みと (言語文化) 

 数 学 髙橋 就  (数学Ⅰ)

 地 公 三浦 学  (地理総合)

 英 語 田代 勇輝 (英語コミュニケーションⅠ)

 理 科 二瓶 貴之 (生物基礎)

 探 究 今泉 晃広 (探究基礎)

3 日 時    令和4年11月4日(金) 

 13時00分~14時05分(開会行事・授業公開)

 14時30分~16時40分(講演・振り返り・閉会行事)

4 場 所  宮城県宮城第一高等学校 秋桜館・各教室

5 申 込  別紙要項のとおり,URL,QRコードから10月27日(木)までに申し込み下さい。

  https://forms.office.com/r/5sF2i3iV94

6 その他

・新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により,変更となる場合があります。

・本校駐車場は手狭のため,公共交通機関で御来校ください。お車でお越しの際は,近隣の有料駐車場の御利用をお願い致します。

・詳細については,こちらの案内文書・別紙要項(PDF)をご覧下さい。

 

2年次理数科 施設見学会

実施日:令和4年10月19日(水)スーパーコンピューター「MASAMUNE-IMR」

見学先:①東北大学金属材料研究所 

    ②東北大学多元物質科学研究所 

    ③東北大学電子光理学研究センター

 

 

【金属材料研究所】

【多元物質科学研究所】

【電子光理学研究センター】

~参加生徒の感想~

『今回,東北大学を見学した事で身近なところで最先端な技術開発や研究が行われていること知った。物理分野や化学分野への興味が広がったため良かったと思う。』

『講師の方が,「この難しい話をどれだけ理解するかではなく,どれだけ面白いと思えるかが大切です」と言っていたのがすごく印象に残った。』 

『東北大学の施設を見学するという貴重な体験が出来て良かったと思った。普段私たちが気にすることはないであろう小さなことも東北大学の方々はしっかり細かい所まで調べて研究していることを知り,科学の世界は無限大だなと思った。今回の施設見学を通して,さらに大学に対する興味が高まった。』

『今まで施設見学は,なんとなくすごいとか,ただ見て写真を撮るだけとかだったのですが,今回多元物質科学研究所で初めて本当に興味が湧きました。実際に新しい材料を発明していたのがすごいと思ったのですが,最初これとこれを混ぜたらこうなるんじゃないかとういう想像から新しいのを作り始めるとおっしゃっていて,そうゆう風に予測できる知識があると研究するのが楽しいだろうなと思いました。今まで研究者に全く魅力を感じたことがなかったのですが,とても面白い職業だなと思いました。』

『普段生活している中では見ることが出来ない大学に入ってから出来ることや様々な機械などを見ることが出来て貴重な経験になったと思いました。私は工学や物理学にはあまり興味が無いのですが,今日のお話を聞いて,分析することや新しいものを生み出すこともとても楽しそうだなと思いました。自分の進路決定に活かしたいと思います。』

『スパコンや金属の3Dプリンターによる作品など普段ならお目にかかれないような興味深い様々なものを見ることが出来てとても面白ったです。午後は加速器を見学しましたが去年つくばで見学したものと重なり,より深く学ぶことが出来たんじゃないかなと思います。気になっていたこともその場で質問できたので良かったです。』

『金研に行き,大学で材料系を学ぶという選択肢が増えました。身近な物も様々な工夫が凝らされて出来ているのだなと感じた。』

『工学部,理学部という学部としてなんとなく知っていましたが,さらに細かく金属材料研究所などがあると知って非常に興味を持ちました。どの研究所も製品のもととなる材料や再生可能エネルギーをさらに進化させるための研究など,私たちの生活に密接に関わっていると分かりました。』

『今日の施設見学を終えて電子光理学研究センターにすごく興味を持った。他にいろんな学部の施設を見てみたかった。』

令和4年度「秋季体育大会」が実施されました。

卓球競技1卓球競技2バドミントン1

バドミントン2バレーボール1バレーボール2

ティーボール1ティーボール2ティーボールチーム

大会本部の皆さん男子バレーボール1男子バレーボール2

表彰状は書道部でオンライン表彰式オンライン表彰式2

称える学年主任表彰されるギ〇〇ー特戦隊優勝は恒例の!

令和4年10月13,14日と「秋季体育大会」が二日間で実施されました。

秋季体育大会は球技の種目となります。体育祭実行委員や体育科の先生方を中心に準備が進められました。今年度も接触が大きいバスケットボールやサッカーは中止,バレーボール,卓球,バドミントンに新種目のティーボールという新種目の4種目で行われました。また,競技の様子や閉会式の模様はLive配信するなど,様々工夫されていました。

秋晴れの天候に恵まれるなか,大いに盛り上がった大会となりました。

 

文化行事オペラ「ネズミの涙」こんにゃく座を鑑賞しました。

 令和4年10月6日(木),東京エレクトロンホール宮城を会場に,オペラシアターこんにゃく座によるオペラ「ネズミの涙」を鑑賞しました。素晴らしい演技,歌と踊りのなかに,虚構と現実,笑いと涙,希望と絶望が混在しており,生徒たちは楽しみつつも深く考えさせられたようです。以下はこんにゃく座のホームページから引用した,内容紹介です。興味を持たれた方はこちらからご覧下さい。

 『ネズミの涙は米粒より小さい。けれど,地球より重い。』舞台は縁の下の戦場。あっちこっちの前線を旅して回るテンジクネズミの“天竺一座”を中心に物語は進む。座員は,父親マンガン,母親スズ,息子チタン,娘リンのたった4人の家族だけ。野ネズミの軍曹,娼婦ネズミも巻き込み演じるのは,ご存じ「西遊記」。チタンは軍隊に入り,野ネズミの兵隊ニッケルはリンに惚れて旅回りについてくる。

 戦争は続く…。米粒より小さいネズミの涙が世界を覆う。 それでも希望を失わず行き続けるネズミたち。愛と笑いと涙の“天竺一座”の旅は続く…。

「伊勢物語新聞コンテスト」実施中!

 1年次国語「言語文化」で学んだ『伊勢物語』には、教科書掲載以外にもたくさんの素晴らしい文章があります。夏季休業中に、自分の興味・関心のある段を読み、それぞれグループで共有しました。その情報交換を材料として、新聞を創ってみました。実際の一面記事を参考に、トップ記事・社説・コラム・新刊紹介・その他、記事の特徴を意識しながら、グループ以外のみなさんに発信するものです。正確な読解による情報や、深められた学びによる発見など、どれも興味深いものとなりました。また、ミヤイチ生のセンスや、気の利いた、いたずら心なども光ります。ミヤイチの先生方による、コンテストも実施中です。

 後期学校公開は10月7日(金)~12日(水)まで行われておりますが、1階1年次廊下で掲示されている「伊勢物語新聞」も是非ご覧下さい。

探究科説明会を開催

校長挨拶生徒による学校紹介体験授業

模擬授業 生徒がファシリテーター中学生と一緒に運営を務めた探究科生徒

令和4年10月1日(土),探究科説明会が実施され,243名の生徒保護者の方に参加いただきました。

校長先生の挨拶から始まり,教職員による探究科説明,探究科生徒による学校紹介があり,個別の質問コーナーなども設けられました。さらに今年度は,探究科1年次の生徒がファシリテーターとなって,中学生を生徒役に探究的な授業の一例も行われました。「みんながHappyになる校則とは?」をテーマに,アイスブレイク,ブレスト,KJ法,プレゼン発表とORID法による振り返りを体験してもらいました。単に「自由」な校則ではなく,本校のスクールミッションである『積極的な姿勢で自らを成長させる「自主自律」』について考えていただきました。初の試みの多い説明会でしたが,探究科1年次生は運営やファシリテートについて振り返り,次年度に活かせるよう反省会も行われました。

中学生にとってはミヤイチ探究科を知るとともに,探究科生徒と交流を深め,ミヤイチ探究科の雰囲気を分かっていただければ幸いです。

研究所・学術機関研修(国際)を実施しました

 令和4年9月9日(金)の5校時から7校時にかけて,探究科1年次生徒全員が,東北大学 東北アジア研究センターを訪問させていただきました。内容は,東北アジア研究センターの紹介,生徒による「東北アジア」に関するプレゼンセッション,各研究室での先生方の学生時代のお話や研究内容等,非常に貴重な時間を過ごすことができました。特に,小グループでの研究室訪問では,様々な研究分野があること,文系・理系の学問分野を横断した学際的研究があること,またそれぞれの研究の魅力を大いに感じることができました。高校に入学して半年経った探究科生徒にとって,今後の進路や大学での学びを考えるための非常に貴重な訪問となりました。
 研究等でお忙しい中,本校生徒のためにお時間をとっていただき沢山のお話や生徒たちの質問に丁寧に答えてくださった東北アジア研究センターの先生方,そして準備してくださった職員の皆様,ありがとうございました。

後期学校公開について

宮城第一高等学校では,10 月 7 日(金)~12日(水)に『後期学校公開』を行います。

平日は授業見学,10 月8日(土)は7月に行われた学校説明会の動画上映や部活動見学,個別相談です。

詳しくはこちらのPDFをご覧下さい。

 

 

令和4年度 コスモス理科実験講座 エネルギーについて学ぶ(つくば宿泊研修) ~県立学校における原子力・エネルギー教育支援事業~

 

令和4年8月1日~3日の二泊三日の日程で茨城県つくば市,那珂市へ研修に行きました。

参加者は生徒20名,引率教員3名です。

 

内容

①那珂研究所(8/1)

②筑波大学准教授 前田義昌 先生による講義(8/1)

③農研機構・食と農の科学館(8/2)

④産業技術総合研究所・地質標本館(8/2)

⑤物質・材料研究機構(8/2)

⑥高エネルギー加速器研究機構(8/3)

 

参加生徒の声

エネルギーについて学ぶ,という題目の通り,様々な研究所でエネルギーについての関心を深めることが出来たと思います。科学技術は常に進化し続けているため,今最前線で研究している人達の次の世代が積極的に学び,未来へ繋げていく必要があるなと感じました。百聞は一見にしかずです。

 

核融合発電や,バイオマス発電(海藻類)について,もっと多くの若い人が理解していけば,エネルギー発電の未来は明るくなると思いました。今回の研修で最先端な学びが出来ましたし,未来へ向かって研究を進める研究者の方々の姿を見て感銘を受けました。ありがとうございました。

➀那珂研究所

②筑波大学 准教授 前田義昌 先生による講義

③農研機構・食と農の科学館

④産業技術総合研究所・地質標本館

⑤物質・材料研究機構

⑥高エネルギー加速器研究機構

2年次理数科・課題研究中間発表会

令和4年9月6日(火)4校時に,各班の研究の状況について発表しあう「中間発表会」を開催しました。

4月の班・テーマ決定から現在までどのような研究を進めてきたか,現状での課題は何か,などについて互いに発表しました。講師として各分野において専門的な研究をしている大学の先生方に来校またはオンラインでつなぎ,発表や研究に対する貴重な指導・助言もいただきました。

2年次生は,2月の論文作成・全体発表会までに,さらにしっかりとした研究を重ねていきます。

 

講師

数学:宮城教育大学数学教育講座 准教授 佐藤 得志 先生

物理:早稲田大学理工学術院総合研究所 准教授 田中 香津生 先生

化学:宮城教育大学理科教育講座 教授 笠井 香代子 先生

生物:宮城教育大学理科教育講座 教授 出口 竜作 先生

地学:宮城教育大学理科教育講座 教授 菅原 敏 先生 

2年次 保健講話を実施しました。

令和4年9月1日(木)7校時に2年次対象の保健講話を実施しました。

「青年期の発達課題と親子関係」と題し,村山宙子先生(本校スクールカウンセラー)を講師に迎え,自分を深く理解する方法や,発達段階によって変化する心身の変容について,親身な優しい語り口で分かりやすく御講話いただきました。最後に,様々悩みを抱える年頃である生徒たちへ「自分ひとりで考えすぎず,信頼できる人と話してみましょう」と声掛けくださいました。

外務省「高校講座」を行いました。

令和4年8月31日(水)7校時,1年次を対象に「外交官としての仕事 ~今の世代,次の世代のために~」として外務省気候変動課,神谷政廣さんにご講演をいただきました。外交とは何か,相手国について考えるときに注意すべきこと,担当されている気候変動外交など,国際問題に対する関心や理解が高まる内容でした。

ご講演後には,1~3年次で外交や海外支援などに興味関心のある生徒約30名が集まり,ワークショップを設けていただきました。実際に気候変動外交について考えあい,それを外交政策にするための思考法などについてご教授いただきました。

その後,さらに神谷さんを囲んで座談会も行っていただきました。外交官や海外協力隊など国際関係の職業を希望する生徒からは,海外赴任や外務省勤務の苦労話,勉強方法,大学で学ぶべきことなど,次々と質問が出されました。神谷さんは最後まで丁寧に回答していただきました。

国際探究科を擁する本校にとって,外交や国際問題について深く学ぶことができました。

生徒にとっても一事象に対し多面的多角的な視点の必要性を学ぶ重要な機会となりました。

令和4年度「秋桜祭」を実施しました

実行委員とMT&NTジャズダンス部演劇部

軽音楽部有志SOS団インスタ映え?

バスケットボール部茶道部女子サッカー部陸上部弓道部漫画文化研究部

バトントワリング部管弦楽部

軽音楽部法被

学友会によるアンブレラ スカイ美術部ジャズダンス部ジャズダンス部箏曲部

書道部合唱部ギター部

令和4年8月26日(金),27日(土)に本校の文化祭『秋桜祭』を「ミヤイチセカイイチ~今しかできない青春を~」をテーマとして実施しました。

新型コロナウイルス感染症対策として,公開は3年次生徒の保護者各家庭1名のみとし,実施内容や方法等の工夫をしながらの開催となりました。26日の校内発表は,2・3年次生徒のみが直接観覧し,1年次生徒は各教室でYouTubeLiveの配信を視聴しました。

文化部や同好会を中心に運動部などの有志も加わり,45団体の工夫された展示や発表,販売で大いに盛り上がりました。食品販売も完全個包装や感染症予防に留意し,2年ぶりに実施され,あっという間に売り切れとなっていたようです。恒例の中庭パフォーマンスも,各種団体の見事な発表に盛大な拍手が送られました。

コロナ禍にあっても,実行委員や担当の先生方を中心に,ミヤイチ生がポジティブに考えて見事に計画,実行してくれました。雨天予報をも覆し,恵まれた天候のなか大成功に終わった秋桜祭でした。

生徒・保護者の方を対象とした国際探究科・理数探究科の説明会を開催

生徒・保護者の方を対象とした国際探究科・理数探究科の説明会を以下の通り行います。コロナウイルス感染拡大防止の観点から,対象を中学3年生の生徒とその同伴する保護者の方1名までとし,あわせて280名までの募集とさせていただきます。

 

日時:令和4年10月1日(土) 9:00~12:00

会場:宮城第一高等学校

内容:探究科の概要説明 授業の様子の紹介 体験授業 等

募集:8月22日(月)10:00~ 9月9日(金)人数に達し次第終了

   こちらのリンクから申込みフォームを表示していただき,必要事項を登録下さい。

Education and SDGs in East Asiaに参加しました

 令和4年8月16日(火),東北大学大学院教育学研究科・教育学部を会場に,東北大学大学院生や学部4年生の留学生とは対面で,さらに台湾政治大学,南京師範大学,台湾師範大学の大学院生や学生とオンラインで交流しました。

 今回は東北大学大学院教育学研究科先端教育研究実践センターの 劉 靖 准教授よりお誘いをいただき,Asia Education Leader(AEL) course「アジアにおける教育の未来像を語る」と題した講義の一部に参加する機会をいただきました。校内に募ったところ,20名近い本校生が応募し参加してくれました。事前学習として,英語での自己紹介動画を作成したり,アジアの学校教育について勉強したりしたうえで臨みました。

 当日は5グループに分かれ,「コロナ時代にどんな教育が必要か?」,「今受けている教育に満足しているか?それはなぜか?」「みんなの未来のためにどんな教育が必要か?」といったテーマで意見交換を行いました。海外の大学院生・大学生の考えを聴き,英語で触れあう貴重な時間となりました。初めは緊張していた本校生でしたが,最後は別れを惜しむほど深く交流をすることができました。

学校説明会が開催されました。

受付の様子校内移動中学校長挨拶

生徒による学校紹介(動画配信)学校紹介スライド体験授業 数学体験授業 生物体験授業 英語体験授業 化学

体験授業 地理個別相談 教員個別相談 在校生

令和4年7月30日(土),8月6日(土)の2日間の3回に分け,「学校説明会」を開催いたしました。

コロナ感染症対策および熱暑を避けるため,エアコンの効いた各教室に分散し,動画配信による形態としました。

学校概要や入試,今年度開科した探究科についての説明のほか,管弦楽部演奏,代表生徒による学校紹介,放送部製作の紹介動画の上映,体験授業,校舎および部活動見学,個別相談なども行われました。

のべ1800人近い中学生と保護者の皆様にご来場いただきました。

しかし,回線状況により動画配信が滞り,お見苦しくご迷惑をおかけした教室もあったようです。

大変申し訳ありませんでした。

 

なお,10月1日(土)には,体験授業を含めた探究科説明会を開催します。

8月22日(月)より申し込み開始予定ですが,先着順で人数制限もございます。

本ホームページにて御案内いたしますので,ご確認をお願い致します。 

高校総体,各種コンクールでの生徒の活躍

高校総体,各種コンクールでの生徒の活躍です。

令和4年度は,感染対策を徹底して運動部および文化部の大会及び各種コンクールが開催されました。

7月25日現在の本校生徒の活躍をお知らせします。

 

祝 全国大会出場

・インターハイ出場

<陸上競技部> 男子 走高跳,女子 走高跳 計2名

<山岳部>   男子団体

 

・全国高等学校総合文化祭

<放送部> 放送部門 朗読 1名

<文学部> 文芸 短歌部門 1名

<競技かるた部> 小倉百人一首かるた部門 4名

<軽音楽部> 軽音楽部門 1団体

 

・上記以外の全国大会

<放送部> NHK杯全国高校放送コンテスト 朗読部門 1名

<ジャズダンス部> 第34回全日本高校大学ダンスフェスティバル(神戸)

<かるた部> 小倉百人一首競技かるた全国高等学校選手権大会 団体

 

 

令和4年度 東北大会

<陸上競技> 男子走高跳 第1位,女子走高跳 第3位

<水泳> 女子100m自由形 第6位

 

令和4年度宮城県高校総体

 <陸上競技>

 男子 走高跳 第1位(東北大会出場)

 女子 走高跳 第3位(東北大会出場)

 女子 400m 第4位(東北大会出場)

 女子 400mH 第5位(東北大会出場)

 女子 200m  第5位(東北大会出場)

 女子 やり投  第5位(東北大会出場)

<テニス部>

 男子 団体の部 県ベスト8

 女子 団体の部 県ベスト8

<水泳>

 女子 50m自由形 1位 東北大会出場

 女子100m自由形 2位 東北大会出場

<山岳部>

 男子 第1位 (東北大会・インターハイ出場)

 女子 第2位 (東北大会出場)

<弓道>

 男子 団体戦 県ベスト8

 女子 団体戦 県ベスト8

<ソフトボール>

 県ベスト8

<ハンドボール>

 県ベスト8

 

その他の大会等成績

<ソフトボール部>

 宮城県総合選手権大会 高校の部 ベスト8

 

令和4年度 文化部

<放送部>

 NHK 杯全国高校放送コンテスト宮城県大会

           アナウンス部門 優良賞

           朗読部門 優秀賞(全国大会出場)

           優良賞 2名

           テレビドキュメント部門 優良賞 4名

<文学部>

 杉原千畝記念短歌大会学校奨励賞

 第25回ことばの祭典 入賞

<美術部>

 第85回河北美術展 絵画の部 入選

 第72回仙台市内高校美術展 美研会長賞(1位相当),優秀賞

<囲碁部>

 文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会宮城県大会

  男子 団体 第2位

  女子 団体 第3位

 東北大会宮城県代表チーム選手 1名

<競技かるた部>

 全国総文小倉百人一首部門宮城県県予選会 3位,4位,7位,8位(以上4名総文祭宮城県代表)

 小倉百人一首競技かるた全国高等学校選手権大会宮城県大会団体 第1位(全国大会出場)

1年次 探究科 理数生物 地域フィールドワーク夏

令和4年7月21日(火)の午後,1年次探究科の理数生物の授業で,地域フィールドワークが行われました。地域の自然や文化を通して探究課題を探すとともに,教科横断的な見方・考え方を養うことをねらいとしています。

今回も広瀬川の水質調査のために,水生昆虫の採集,水質調査パックテスト試薬を用い化学的酸素要求量(COD:Chemical Oxygen Demand)の値を計測しました。また,水力発電発祥の地である三居沢発電所,三居澤大聖不動堂の滝なども見学しました。

救命法(AED)講習会

令和4年7月20日(水),救命法(AED)講習会を行いました。運動部の生徒を中心に,17名の希望者が参加しました。講師の相澤勉所長(仙台市青葉区消防署)から,心肺蘇生法やAEDの活用方法などについて,具体的な救命救急の事案を基に丁寧なご指導をいただきました。生徒たちは,講師の話をしっかりと聴き,実技にも熱心に取り組んでいました。参加者の多くは救命救急に関する講習を受けるのが初めてでしたが,正しい知識と技能を身に付けることができました。

1年次 保健講話

令和4年7月14日(木)5・6校時に1年次対象保健講話を実施しました。

「わたしたちの生と性~医療現場から~」と題し,坂総合病院の舩山由有子医師(産婦人科小児科診療部長)を講師にお迎えし,生命誕生から形態機能,性感染症,性の多様性に至るまで,セクシュアリティに関する幅広い内容を御講話いただきました。受講した生徒は,現場の視点で語られる医療従事者の専門知識に触れ,改めて自分自身の課題として「生と性」を捉えることができたのではないでしょうか。

歌合戦が行われました

宮城第一高校最大の行事,歌合戦が7月9日(土)に行われました。

マスク着用の合唱,体育館での鑑賞人数を制限,大型扇風機を利用した頻繁な換気,教室で鑑賞する生徒と保護者にのみ動画配信するなど,可能な限りのコロナ対策を行って実施されました。

クラスごとにテーマや楽曲を選定し,作詞,振り付け,背景画などの大道具や小道具に衣装の制作と,全て生徒主体で準備されます。知識の全てを活用して企画,クラスメイトと協力して計画的に練習・実行ととても大変な準備になります。どのクラスもこれまでの思いが凝縮された,心に迫る発表でした。また,行事そのものも実行委員を中心に演劇部や放送部など生徒によって行われ,宮一生の自主自律を感じさせる素晴らしいものでした。ミヤイチSTEAM教育とも呼べるような本校自慢の行事です。

感想を問えば,どの生徒からも「楽しかった!」と元気な返事が返ってくる一日となりました。

1位 3年2組「ラクシュミー・バーイ」

2位 3年3組「エリザベス・ブラックウェル」

3位 3年5組「木蘭~孝の心の娘~」

 

2年次特別賞 2年4組「八百屋お七~燃え盛る愛の炎~」

1年次特別賞 1年6組「モンクスフッドの名誉革命」

ミヤイチ教師力向上研修会Ⅰ

佐藤浩章先生による基調講演本校探究アドバイザー藤岡慎二先生佐藤浩章先生

モデル授業延沢 恵理子 先生田畑 洋行  先生

北村 武寛  先生多々良 穣  先生氷見 栄成  先生

令和4年7月12日(火),ミヤイチ教師力向上研修Ⅰを行いました。

 県立唯一の探究科,国際探究科・理数探究科を擁する本校は,120年余の歴史を持ち,地域から進学校として地域的リーダーの養成が期待されております。今年度の本校の学校経営重点目標は,①より探究的な活動を取り入れるなど一層の充実を図ること,②新学習指導要領に則り,生徒の学力向上に向けて,授業改善,教材研究等を積極的に推進することです。生徒の学力向上を第一の目標とした上で,①・②について先進的な研究,指導されている先生方をお招きし,講話や具体的な授業実践を研修させていただきました。当日は講師を含めて県内外から約80名の教育関係者が参集し,本校教職員と合わせ150名で新たな知見を得る良い機会となりました。

 

・大阪大学全学教育推進機構准教授 佐藤浩章先生による基調講演

 「 探究学習と教科学習の関係を紡ぎ直す〜コンセプト・ベースド・カリキュラムの観点より〜 」

 

・佐藤浩章先生と本校探究アドバイザー藤岡慎二先生との対談

 「 探究学習の行き先は? 」

 

・モデル授業

  国 語  延沢 恵理子 先生 (山形県立東桜学館高等学校)

  数 学  田畑 洋行  先生 (宮城県白石高等学校)

  社 会  多々良 穣  先生 (東北学院榴ケ岡高等学校・世界史)

  英 語  北村 武寛  先生 (宮城県仙台第三高等学校)

  理 科  氷見 栄成  先生 (富山第一高等学校・生物)

研究室訪問に行ってきました

本校では,秋桜探究学の一環として「研究室訪問」を行っています。今回は1年次生を対象に,

① 東北大学「サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター」

② 東北大学大学院理学研究科 須賀利雄教授の研究室

③ 東北大学大学院経済学研究科 日引聡教授の研究室

のいずれかを希望者計35名で訪問してきました。

 

①東北大学「サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター」は12名が訪問。残念ながら稼働中のためサイクロトロンは拝見できませんでしたが,PET診断装置を見学,装置の概要やメカニズム,放射線などを説明いただきました。放射線が及ぼす影響などについて,活発な質疑応答がありました。4名の大学院生から,生活や研究,高校時代などを聞き,勉強の仕方や大学との接続,進路選択のヒントをいただきました。本校の卒業生や留学生にも様々なお話をいただき,大変有意義な時間を過ごしました。

【生徒の感想】

研究内容についてや,学校生活の過ごし方など,実際に通われている方のお話が聞けてとても興味深かったです。特に放射線によるがん治療についての話があり,放射線技師を目指すべきかどうか悩んでいたので,工学系の院でその研究をしているということが知り,新たな選択肢を考えることができました。ありがとうございました。

 当日の模様について、サイクロトロン・ラジオアイソトープセンターのHPにも掲載されました。こちらからご覧いただけます。

②東北大学大学院理学研究科 須賀利雄教授の研究室には6名の生徒が訪問。理学部4年生と大学院生から大学生活や研究について交流,物理学研究棟を見学し,留学生がたくさん来日している大学の雰囲気を実感することができました。その後,東北大学災害科学国際研究所に移動し,震災関連の映像を見て,防災・減災に対する意識を高めました。また,災害科学国際研究所の見学スペースを見学し,医学部や歴史学も含めた文理融合の研究が進められていることを実感しました。

【生徒の感想】

先生方や学生方の話を聞いて自分の興味のあることに対してどんどん追究していく楽しさが今回の体験を通して感じました。科目選択にも参考にもなりました。ありがとうございました。

 

③東北大学大学院経済学研究科 日引聡教授の研究室には17名の生徒が訪問。「経済学はどのように役に立つのだろう?」と題した日引聡教授による模擬講義を聴講。3名の学生(うち2名はベトナムとパナマからの留学生)による研究発表が日本語と英語で行われました。本校生より「活用するデータの集め方のコツは何か?」や「どのようにパナマの気候問題解決を考えているか?」など活発に質疑応答。最後は研究室を訪問し,大学での研究活動を肌で感じることができる貴重な体験となりました。

【生徒の感想】

現在の問題から改善策,解決策を見つけ世の役に立てるのはいいなと思った。また留学生がいることで世界の問題についても考えられて視野が広がるなと思った。“その解決策による副作用”を考えるということがとても印象に残った。数学は文系の経済学でも使うため,やっておいた方がいいよと言われたので頑張りたいと思う。

 

教育相談研修会

令和4年6月17日(金)放課後,本校教職員を対象に教育相談研修会が行われました。

 本校カウンセラーである臨床心理士・公認心理師 村山 宙子 先生をお招きし,カウンセリング講話「人と人とのよい関係」と題して講演をいただきました。

 ワークショップ形式で先生方が話し役、聞き役となり,普段のコミュニケートのあり方や大切な要素などを確認しました。

年次PTA開催

令和4年6月16日(木)各年次PTAが開催されました。

年次ごとに会場を分け,はじめに教頭先生,年次主任のあいさつが行われました。

その後1・2年次PTAは科目選択(探究科は学科選択),3年次PTAは進路関係を中心に話があり,保護者の皆さんは真剣な表情でメモを取り,お聞きいただいたようです。最も多くの保護者の方に参加いただいた1年次PTAでは,入学後の生活の状況,研修旅行,iPad活用などについても説明がなされました。

公開研修会 ミヤイチ教師力向上研修Ⅰ の御案内

 県立高校初の国際探究科・理数探究科を開科した本校では,生徒の学力向上と新学習指導要領の確実な実施に向けて,教材研究・授業改善の推進と,授業研究について研修を重ねております。受験学力を担保しながら探究力を育てる授業づくり,ICT利活用及び授業改善を目的とした公開校内研修を実施いたします。今回は『高校教員のための探究学習入門―問いからはじめる7つのステップ』の著者であり,探究学習に取り組む高等教育指導者へのセミナー等で御活躍の,大阪大学全学教育推進機構准教授 佐藤 浩章 先生による基調講演,また,佐藤先生と本校探究科アドバイザー,産業能率大学教授 藤岡 慎二 先生との対談,先進的な授業に取り組む県内外の先生方によるモデル授業体験を行います。学外の教職員関係者の方も参加可能ですので,下記アドレスまたはQRコードから申し込み下さい。

 

1 日 時 令和4年7月12日(火)

2 日 程  13:00~13:30 受付

       13:30~13:40 開会行事

       13:40~14:40 基調講演

                 「探究学習と教科学習の関係を紡ぎ直す

                  〜コンセプト・ベースド・カリキュラムの観点より〜」

                  講師 大阪大学 准教授 佐藤 浩章 先生

       14:40~15:10 対談 佐藤 浩章 先生 × 藤岡 慎二 先生

                 「探究学習の行先は?」    

       15:10~15:25  会場移動

       15:25~16:10 モデル授業体験 ※参加者が生徒役となります

           モデル授業者 国 語  延沢 恵理子 先生  (山形県立東桜学館高等学校)

                  数 学  田畑 洋行  先生       (宮城県白石高等学校)

                  地 公  多々良 穣  先生       (東北学院榴ケ岡高等学校・世界史)

                  英 語  北村 武寛  先生  (宮城県仙台第三高等学校)

                  理 科  氷見 栄成  先生       (富山第一高等学校・生物)

       16:10~16:30 モデル授業の振り返り

                  会場ごとに解散

 

3 会 場 宮城県宮城第一高等学校 秋桜館・各教室

4 申 込 別紙要項のとおり,下記アドレス,QRコードから

      7月5日(火)までにお申し込みください。

      https://forms.office.com/r/SXfBp0YQFX

5 その他 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により,変更となる場合があります。

  詳細については,こちらの案内文書・別紙要項(PDF)をご覧下さい。

宮城第一高等学校の学校説明会(案内)

宮城第一高等学校の説明会を下記のとおり実施します。

1 日時

    第1回(午前の部)7月30日(土)  9:00~11:45 仙台市青葉区・国立・私立の中学校対象

       (午後の部)7月30日(土) 13:00~15:45 仙台市泉区・宮城野区・太白区・若林区の中学校対象

    第2回      8月 6日(土)  9:00~11:45 仙台市外の中学校対象

2 会場        宮城県宮城第一高等学校 体育館

3 対象        中学3年生およびその保護者(各家庭1名)

 

詳しくはこちらをご覧ください。中学校あてに配布した案内を見ることができます。

 

6月23日(木)正午より,Web申込みを再開しました。こちらからお願いします。

なお,受付期間は7月15日(金)まで延長いたします。

 

 

6月20日(月)にWeb申込みをされた皆様へ
 6月20日(月)の申込みフォームにおいて,申込みをされた方の氏名及び中学校名が,申込みを完了された方に対して誤って表示される状態にありました。心よりお詫び申し上げます。

「前期学校公開」の御案内

「前期学校公開」(今年度第1回)を下記の日程で実施いたします。

 

1 実施日程 令和4年7月1日(金)から7月7日(木)まで〔土・日を除く〕

      午前8時45分から午後3時35分まで

 

2 対 象  在校生徒の保護者, 中学生の保護者, 地域住民

     ※事前の申込みは必要ありませんので,お気軽に来校ください。

 

3 公開内容 通常時における授業参観を主とした本校の教育活動全般

 

4 備 考

(1)駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。

(2)参観の事前申し込みは不要ですが,来校時に図書館前廊下で受付をお願いします。

(3)感染症対策のため,来校の際には備え付けの検温器で検温をしていただき,発熱や風邪症状がある場合は参観をご遠慮ください。また,参観の際は必ずマスクを着用し,手指消毒をしていただきますようお願いします。

(4)現在,北門駐輪場付近は校舎新築工事中のため,校舎南側の正門からお入りいただきますよう御協力お願いします。

保健委員会熱中症予防啓発活動

令和4年6月13日(月)~15日(水)の昼休み中に保健委員が放送で熱中症予防について啓発をしました。

1日目は熱中症について(症状と機序),2日目は予防対策について,3日目は応急処置についてでした。気温が高く暑い日は熱中症発症のおそれがあります。

熱中症を知って,夏を元気に安全に過ごしましょう。

地震想定防災避難訓練

令和4年6月9日(木)に地震想定防災避難訓練が行われました。

震度6弱の地震が起きたと想定し,机の下に潜ることなどの基本的事項や避難経路などを確認しました。放送による教頭先生の講評では,静かで速やかな避難との評価を受けつつ,訓練の大切さについてお話いただきました。生徒たちは東日本大震災を思い出しながら真剣に聞いていました。

国立台南第一高級中学創立百周年に書道部生徒の作品を贈呈

本校と親交のある台湾の国立台南第一高級中学との学校間交流に際し,先方の創立百周年を祝し本校からの記念品を贈ることとなりました。その記念品として本校書道部A.Yさんの書「五色瑞雲開鳳尾 九重麗日繞龍鱗」が選ばれました。「宮城県高等学校書道展覧会」で金賞をいただいた作品です。贈られた先方からも最上級の感謝の言葉をいただき,本校と台南第一高級中学との絆を一層深める機会となりました。

 令和4年6月9日,作品を提供いただいた御礼として,校長先生からの感謝状と記念品がA.Yさんへ渡されました。

県総体報告会・東北総体壮行式

令和4年6月8日(水)に県高校総体報告会ならびに東北大会壮行式がありました。

感染症対策のため,報告会は放送室より各部代表が放送で行い,壮行式は物理室を会場に学友会会長や応援団による激励が行われました。インターハイや東北大会出場を決めた各部の選手は,「ミヤイチWin」を合い言葉に頑張って下さい。

 

なお,6月8日現在において東北大会以上の出場を決めた部と種目は下記の通りです。

陸上競技部 男子走高跳       第1位(東北大会出場)

      女子走高跳       第3位(東北大会出場)

      女子400メートル   第4位(東北大会出場)

      女子400メートル障害 第5位(東北大会出場)

      女子200メートル   第5位(東北大会出場)

      女子やり投げ      第5位(東北大会出場)

山岳部   男子          第1位(インターハイ・東北大会出場)

      女子          第2位(東北大会出場)

東京大学 高校生と大学生のための金曜特別講座

令和4年6月3日(金)の放課後,約40名の生徒が東京大学による金曜特別講座に参加しました。

今回の講座内容は,「データサイエンスとは」として,東京大学 教養学部 教養学科/数理・情報教育研究センター・教授の河合 玲一郎先生がオンラインで行って下さいました。

次回は6月10日(金),東京大学 法学部・教授のディミトリ・ヴァンオーヴェルベーク先生による「人はなぜ規制に従うのか、従わないのか―法社会学への招待」が予定されています。

1年次総合的な探究の時間 「卒業生の話を聞く」を実施しました

令和4年6月1日(水)7校時,1年次総合的な探究・探究基礎の時間に,「卒業生の話を聞く」を実施しました。当日は東北大学生(令和3年度卒業生)のR.Sさんと宮城教育大学生(令和2年度卒業生)K.Yさんに来校いただきました。

 お二人より,高校時代の生活,勉強の仕方,様々な活動に意欲的に臨んでいたことなど,丁寧なスライドと熱意溢れる言葉で伝えて下さいました。最後のパネルディスカッションは,質問がGoogle Formsで200近くも集まり,予定時間を超えてお話をいただきました。

 入学後2ヶ月を経過して宮一に慣れつつある1年次生にとって,初めての定期考査や科目選択・学科選択を前に大変参考になりました。

2年次総合的な探究の時間 講演会「問いのデザイン」実施しました

令和4年5月31日(火),2年次総合的な探究の時間に,東北芸術工科大学デザイン工学部コミュニティデザイン学科 矢部 寛明 先生の講演会を開催しました。テーマは「問いのデザイン」です。

問いをどのような思考で考えるのか,問いのレベル,will/can/needを満たす問いなど,探究活動を行う生徒たちにとって問いづくりのプロセスが整理されるような内容でした。

今後の探究活動に活かしていきます。

1年次生iPad配付・設定

令和4年6月2日(木)の6~7校時,1年次生にiPadが配付されました。

iPadの箱を開封したとき,生徒たちの表情はとても嬉しそうでした。担当されている先生がマニュアルを作成し,業者と打合せを持って臨んだ本日でしたが,設定に関して校内Wi-Fiルーターなどの機器との関係からスムーズに接続が上手くいかない場面があり,少し困惑することや先生方も苦労する場面もあったようです。

今後はさらに設定や必要なソフトをインストールするなど準備が重ねられます。1・2年次生全員にiPadが導入されたことで,ますますGIGA StuDXが進み,1人一台端末によるオンラインの様々な取り組みが行われていきます。

※3年次生には学校配備のiPadを貸与し,授業が行われています。

 

※GIGA StuDX:GIGA スクール構想の浸透による学びの DX(デジタルトランスフォーメーション) と学校の教育活動における ICT 利活用の促進のための Exchange(情報交換)を掛け合わせた造語。

※GIGAスクール構想:Global and Innovation Gateway for Allの略。小・中学校の児童生徒一人1台PCと,全国の学校に高速大容量の通信ネットワークを整備し,多様な子どもたちに最適化された創造性を育む教育を実現する構想。

※DX:デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること。既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすもの。

東京大学 高校生と大学生のための金曜特別講座

令和4年5月27日(金)の放課後,約40名の生徒が東京大学による金曜特別講座に参加しました。

今回の講座内容は,「『働かない』働きアリの進化生態学」として,東京大学 教養学部 学際科学科・准教授の土畑 重人先生がオンラインで行って下さいました。

次回は6月3日(金),東京大学 教養学部 教養学科/数理・情報教育研究センター・教授の河合 玲一郎先生による「データサイエンスとは」が予定されています。

宮城第一高校いじめ問題対策研修会

令和4年5月26日(木)放課後,本校教職員を対象に宮城第一高校いじめ問題対策研修会が行われました。

仙台弁護士会より 菊地 秀 先生をお招きし,「いじめ事案への対応上の留意点」と題して講演をいただきました。いじめ問題について再確認するとともに,生徒に寄り添った組織的な対応などを研修しました。