宮城県宮城第一高等学校 校章
校章

校章の由来

校章は「丸に松皮菱」で,「元寺小路校庭の古松と小笠原家の定紋とを顧慮して制定した」と言われています。
(明治39年4月制定)
宮城県宮城第一高等学校の歴史
1897(明治30)年 仙台市高等女学校として開校(所在地:仙台市東二番丁)
1899( 〃32)年 校舎新築移転(所在地:仙台市元寺小路),校歌制定
1900( 〃33)年 県移管,宮城県高等女学校と改称,補習科設置
1901( 〃34)年 県立宮城県高等女学校と改称
1904( 〃37)年 技芸専修科設置,宮城県立高等女学校と改称
1906( 〃39)年 校章制定
1911( 〃44)年 実科設置
1912( 〃45)年 技芸専修科廃止,創立十五周年記念式
1913(大正 2)年 補習科廃止
1918( 〃 7)年 実科廃止,宮城県立第一高等女学校と改称
1919( 〃 8)年 宮城県第一高等女学校と改称
1922( 〃11)年 創立二十五周年記念式
1927(昭和 2)年 創立三十周年記念式
1937( 〃12)年 創立四十周年記念式
1940( 〃15)年 黒川郡富谷村に学校林を設ける
1945( 〃20)年 仙台空襲で校舎全焼,分散授業(二高女,連坊小,盲学校)
1947( 〃22)年 校舎新築移転(所在地:仙台市北六番丁),創立五十周年記念式
1948( 〃23)年 学制改革により宮城県第一女子高等学校と改称
1949( 〃24)年 学友会結成,PTA結成,第1回文化祭
1953( 〃28)年 現在地に校舎移転(所在地:仙台市八幡)
1955( 〃30)年 専攻科設置
1957( 〃32)年 創立六十周年記念式
1965( 〃40)年 専攻科廃止
1968( 〃43)年 創立七十周年記念式
1969( 〃44)年 全校新校舎に移転
1973( 〃48)年 服装自由化実施
1977( 〃52)年 創立八十周年記念式
1987( 〃62)年 創立九十周年記念式
1997(平成 9)年 創立100周年記念式典,理数科新設
2002( 〃14)年 文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(全国で26校)に指定
2007( 〃19)年 募集定員一学年280名(普通科200名・理数科80名)
2008( 〃20)年 男女共学化、宮城県宮城第一高等学校と改称(男女共学開始、単位制移行)