お知らせ

お知らせ

1年総探 課題研究中間発表会

12月15日に、1年次総合的な探究の時間の課題研究中間発表会を行いました。9月からグループごとに課題を設定し、研究してきた成果を10の分野に分かれて発表しました。それぞれの分野には大学等の専門家の先生に入っていただき、研究への指導とその分野でのホットな話題について講話をしていただきました。今後、3月の年次発表会に向けて、研究を深めていきます。

【指導・助言者】
 東北学院大学 郷古先生/東北工業大学 伊藤先生・内野先生・猿渡先生・山田先生
 東北大学 西出先生/宮城教育大学 平先生/宮城県国際化協会 大泉先生
 宮城大学 佐々木先生・川村先生

この発表会は、三菱みらい育成財団の助成を活用しています。

「全国高校生花いけバトル 東北大会」優勝!

 

 第4回全国高校生花いけバトル東北大会が12月6日(日),仙台中央卸売市場花き市場にて開催されました。本校華道部からは3チーム6名が出場し,普通科2年次の鈴木洋翔くん,中田佳克くんが見事優勝しました。

 

 「全国高校生花いけバトル」は,高校生が2 組でチームを組み,5分の制限時間内で花いけの技術や表現を競う大会です。作品の芸術性はもちろん,楽しく,元気よく,いかに花と向き合って作品を作り上げたのかという所作の表現も審査対象となります。2人は大胆な作品構成と挑戦する気持ち, チームワークで臨み,予選を1位で通過し,決勝戦では,今期第1位というハイスコアを記録しました。(全国11地区中9地区の大会が開催済み)

 今年は新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から,無観客で開催されましたが,大会の様子はYoutubeで配信されています。1月23日,24日の全国大会に向け,部員全員でお稽古に励んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

第68回東北ブロック高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会に出場しました!

12月16日(水),東北ブロック高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会がZoomによるリモート開催され,1年生の佐藤好さんが出場しました。

「私の家の防災は大丈夫?~家族の防災力を高めよう!」という題目設定で,「令和2年7月豪雨」を経験したことから,家庭科で学習した「自助・共助・公助」を踏まえた,防災の見直しと改善を図った内容の発表でした。

Zoom開催の様子 宮城県大会表彰式

「第2グラウンド」の本格使用開始です!

「第2グラウンド」の工事が水道・トイレの整備も含め完了し、11月下旬から本格的な使用が可能となりました。

全面高素材の美しい人工芝に覆われた真新しいグラウンドで、サッカー部(男女)・ハンドボール部(女子)・陸上競技部(男女)の練習および各年次の体育の授業での使用が始まっています。

県内の公立高校ではなかなかみられない広く快適な人工芝グラウンドとなり、各部活動も今まで以上に熱心に活気ある練習を行っています。これから本校への入学を考えている中学生の皆さんも、ぜひ関心をもってほしいと思います。

また、グラウンドの使用や校舎からグラウンドまでの生徒の移動に対し、温かいご理解をくださっている近隣住民の皆様にも改めて感謝申し上げます。

恵まれた環境で活動できることに心から感謝し、これから末永く大切に使っていきます。

タブレット端末の入学時の購入について

 本校受験を考えている中学生・保護者の皆様へのお知らせ

     タブレット端末の入学時の購入について

 現在,本校では,主体的・対話的な学びに向けた授業や,総合的な探究の時間での調査・発表等のために,タブレット端末の積極的な活用を進めております。そこで,このような学びを一層進めるために,令和3年度入学生から,各ご家庭で生徒1人1台のタブレット端末を購入していただくことにいたしました。
 つきましては,本校受験を考えている中学生及び保護者の皆様にお知らせしますと共に,ご理解をお願い申し上げます。

※ このタブレット端末は,県の教育系ネットワークに接続して使用するためのもので,県教育委員会の規定によりこの場合学校を通しての一括購入のものが必要となります。また,全端末共通のソフトウエアでの管理となりますが,ご家庭での利用も可能です。

※ 文部科学省が公立学校で2022年度(令和4年度)の新1年生に1人1台タブレット端末等を整備するとの報道発表が12月1日にありましたが,本校としては,2022年度を待たず,2021年度(令和3年度)からの入学生に対して必要となるものです。

※ 詳細については,令和3年3月下旬の本校合格者説明会に於いてご説明いたしますが,事前に質問等ございましたら,本校までお問い合わせください。

   問い合わせ:宮城県宮城第一高等学校
    教頭または情報化推進リーダー
    電話 022-227-3211

この内容のPDF:タブレット端末購入のお知らせ.pdf

総探 施設見学会を実施

 

11月25日(水)に,総合的な探究の時間に関連して「施設見学会」を行いました。1・2年次生から希望者を募り,10のコースに144名が参加し,施設の見学や専門家からの講義を受けました。それぞれの施設の皆様には丁寧にご説明をいただき,大変有意義な見学会となりました。受け入れていいただいた施設の皆様に,深く感謝申し上げます。

【訪問先】
 南蒲生浄化センター/震災遺構 仙台市立荒浜小学校/せんだい農業園芸センター
 女川原子力発電所/JICAプラザ東北/四ツ谷用水
 東北大学大学院生命科学研究科 東谷研究室/仙台市博物館
 河北新報社(校内)/株式会社 クボタ(校内)

この事業は、三菱みらい育成財団の助成と仙台市環境出前講座ネットワークを活用しています。

 

台南第一高級中学校から支援のマスクが届きました

 本校と交流のある台湾の国立台南第一高級中学校から,コロナ禍への支援としてマスクが贈呈され,先日無事本校に届きました。11月17日にオンラインで贈呈式が行われました。その中で,台南第一高級中学校の寥財固校長先生から,4年前の台湾地震での本校学友会からの支援への感謝の言葉が有り,本校の後藤校長からは今回のマスク支援への感謝をお伝えしました。

 毎年,本校生徒が研修旅行で台南第一高級中学を訪問させていただいておりますが,今年度は新型コロナの影響で残念ながら中止となりました。しかし,今後も交流を続けて行ければと願っています。今回贈呈いただいたマスクは,感染防止に有効に使わせていただきます。ありがとうございました。

 

写真左:後藤校長と通訳していただいた県経済商工観光部の国際交流員 蘇さん
写真右:贈呈されたマスク

「第2グラウンド」試用開始です!

完成が心待ちにされていた「第2グラウンド」の工事がほぼ終了し、11月より部活動での使用が可能となりました。

全面高素材の美しい人工芝に覆われ、主に部活動の練習(サッカー・ハンドボール・陸上競技など)や、体育の授業・体育行事などで使われます。

今月初めから男女サッカー部とハンドボール部が試用を始め、真新しい人工芝ピッチの上で新品のサッカーゴールを使った充実した練習を行っています。夜間や雨天時の練習も可能になり、これまで十分な練習場所がなかった部活動も従来以上にしっかりとした練習ができる環境となりました。

工事に関わっていただいた多くの方々に、また、グラウンドの工事および本校生の使用に対して温かいご理解をくださった近隣住民の皆様にも心より感謝いたします。

恵まれた環境に感謝し、末永く大切に使っていきます。

 

令和2年度「学校評価」実施について

11月26日(木)から「学校評価」を実施しております。

 詳細は生徒を通じて資料を配付してありますのでご覧下さい。11/26にClassiで配信された「学校評価に関する調査(保護者用)」の入力上の注意に従い,御回答ください。

 また,マークシートでの回答をご希望の場合は生徒を通じて担任に申し込み,御回答いただきますようお願いいたします。

入力(マークシート提出)の締め切りは12/2(水)となっておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2年 総合的な探究の時間 大学の先生方からアドバイス

11月10日,2年次の総合的な探究の時間において,探究テーマ検討会を実施しました。
大学の先生方を10名,探究アドバイザーとして本校にお招きし,アドバイスをいただきました。


生徒は進路希望ごとに10の学術分野にわかれました。各教室ではグループごとに探究テーマと計画を発表し,生徒同士の質疑応答の後,アドバイザーの先生の問いに答えながら,具体的・実際的なアドバイスを受けました。

その後,大学を目指すうえで備えるべき心構えや,大学で行っている研究の一端をお話しいただいたり,大学の様子をうかがったりと,たいへん有意義な2時間となりました。アドバイザーの先生方,ありがとうございました。

 生徒の感想から…

・(コロナの状況下でもあり)ふだん大学の先生のお話しを聞ける機会があまりないので,自分たちのテーマについて,大学の先生の立場から指摘をいただくことができて,とても参考になりました。

・他の班からの意見を受け,仮説の重要性を再認識したので,改めてより具体的な仮説を立てたいと思います。また,他の班が教授からアドバイスを受けているのを聞き,自分たちにも納得できるところがあったので,取り入れようと思います。

・大学に入って,より専門性の高いことを学ぶのが楽しみになりました。

この事業は、三菱みらい育成財団の助成を活用しています。