新着
6月20日(木)5校時   前眼科校医の小田泰子先生による,3年次を対象とした保健講話「目の話」が開催されました。コンタクトレンズや目薬の正しい使用方法を始め,スマートホン使用による悪影響等について詳しく話されていました。生徒は,スマートホンを長時間使用することで急性内斜視になることがあると言うことに大変驚いていました。視力は良くても今後目について気をつけたいと言う感想がたくさんありました。
本校では「開かれた学校づくり」を目指して,下記のとおり「学校公開」を実施いたします。日頃の授業の様子や生徒の活動などを御覧いただき,本校の教育活動に対し忌憚のない御意見・御要望等をお寄せいただきますよう,ご案内申し上げます。事前の申込みは必要ありませんので,お気軽に来校ください。   公開期間: 令和元年7月5日(金)~11日(木)〔※6日(土),7日(日)を除く〕 公開時間: 午前8時45分~午後4時10分
6月18日(火)の放課後に日本学生支援機構の予約奨学金申込書類を希望生徒へ渡しました。申込書類の提出期限は7月5日(金)17:00です。既卒の生徒で申し込み希望の方は、学校へ連絡した後に来校し、申し込み書類を受け取ってください。 7月5日以降に一人ひとり、インターネットでエントリーをします(インターネットでエントリー後、一週間以内に簡易書留で個人的に郵便局の窓口からマイナンバーの情報を送ります。忘れないように注意してください)。
ブログ
06/13
パブリック
6月13日(木)に年次PTAを開催し、各学年100名を超える保護者の方に参加していただきました。1年次は科目選択やclassiなどについて、2年次は研修旅行を中心に、3年次は進路指導を中心に説明をし、情報を共有しあいました。
6月6日(木)放課後に日本学生支援機構の「予約奨学金」について、生徒向けの説明会を行いました。 今年度は複数回にわたり資料が学校に届く予定です。日本学生支援機構から、確定した内容をできるだけすみやかに発送するという旨のお知らせがきていますが、申し込み書類はまだ学校に届いておりません。もう少しお待ちください。
期日: 令和元年7月27日(土) 会場: 宮城県宮城第一高等学校 日程: 午前の部  8:30~12:30     青葉区の中学校,国立・私立の中学校      午後の部 13:00~15:45     青葉区以外の中学校,大河原・仙台・北部・東部・南三陸各教育事務所管内の中学校                *10:30~12:30 の時間は午前・午後の部共通で部活動見学ができます。 申込み方法:ア、宮城県教育委員会高校教育課HPからのWEB申込み       イ、ハガキでの申込み      申込み期間:  6月24日(月)~7月12日(金)   詳しい内容に関しましては,実施要項でご確認下さい。 *実施要項,パンフレット等は6/17(月)以降に各中学校へ郵送の予定です。 *「中学生の皆様へ」のページもご覧下さい。  
6月5日(水)に県高校総体報告会ならびに東北大会壮行式を行いました。 県総体の主な結果は以下の通りです 陸上競技部 女子走高跳 1位(東北大会出場) 山岳部 女子 2位(東北大会) バスケットボール部 女子 ベスト8 ソフトテニス部 女子 ベスト8
 6月13日(木)14時から,各年次の「年次PTA」を開催します。ご多忙とは存じますが,保護者の皆様は是非ご来校ください。なお,各年次の案内文書はこちら 1年次PTA案内.pdf 2年次PTA案内.pdf 3年次PTA案内.pdf からもご覧になれます。
5月20日(月)6・7校時、理数科2年次対象の「出前講義(ミヤイチ☆キャンパスⅡ)」が行われました。理数科の2年次生徒は「情報工学」「生命科学」の2分野に分かれで聴講し、最先端の研究に触れることで自然科学や大学での研究に対する興味関心を大いに高めることができました。◎「生命科学」・・・東北大学大学院生命科学研究科脳機能遺伝分野・小金澤雅之 准教授  『神経生物学入門』               ◎「情報工学」・・・東北大学工学部電気情報物理工学科(東北大学大学院情報科学研究科)・乾 健太郎 教授  『AIはいつか言葉を理解するか? 〜言語から見る人工知能の現在と未来〜』  
 仙台市で2名の麻しん患者が発生しました。そのうち1名がみやぎ生協八幡町店を利用していたとのことです。「5月12日(日)~5月23日(木)11時から23時」に同店を利用していた場合,その日から21日間健康に注意してください。 また,もう1名は5月17日(金)に太白区のヨークベニマル山田鈎取店,20日(月)にイオンスーパーセンター鈎取店を利用していたとのことですので、そちらもご注意ください。
  今年度より、教員の「授業力向上」を目的とした勉強会を始めました。十数名の教員が、自主的に参加し、月一回の例会のほか、お互いの授業見学を積極的に行っています。自分の授業を振り返り、教科の枠を越えて批評し合い、情報を交換しています。  名付けて「授業道場」。よい授業を追求することは果てがなく、ここで終わりということはありません。生徒のみなさんにとっての「いい授業」「求める授業」「ためになる授業」とは何か?今後も追求し続けたいと思っています。  定期的にHPでもお知らせします。